数年前であれば、HTML形式でホームページを作る時代でしたが、今はコンテンツマネジメントシステムを導入する企業が増えてきました。コンテンツマネジメントシステムとはホームページを更新できるシステムのことで、身近な例で挙げると、ブログなどがコンテンツマネジメントシステムを利用しています。HTML形式とどういうふうに異なるかというと、「自分で編集や変更が可能」という点が挙げられます。HTMLは、専門知識が必要になるので、間違って触ってしまってホームページ自体が壊れてしまう。というケースがあります。しかし、コンテンツマネジメントシステムであれば、ブログのように自分で編集できるので、簡単に行なえます。

また、コンテンツマネジメントシステムは様々な使い方が可能です。例えば、更新が多い場合です。毎回制作会社に頼んでいては時間がかかってしまいます。例えば注文が入ったといった情報や、急遽お店を休むと言った場合時間はかけられません。なので、自分で行う方がいいです。次に、商品が多い場合です。例えばネットショッピングなどで掲載数が多い場合、制作会社に頼むと大変というのもありますし、大体画像数で費用が増すところも多いです。そのため自分で更新する方がメリットが多いのです。次に多言語サイトの作成も、コンテンツマネジメントを利用すると便利です。

このページでは、なぜ多言語サイトの作成がコンテンツマネジメントシステムを使うと良いのか紹介していきます。